インターネット上で有価証券の取引

ネット証券とは、証券会社のうち、インターネット上での有価証券の取引に対応した証券口座を作り、インターネット上で有価証券の売買の注文を行うものである。
従来、証券会社は、当時の大蔵大臣の免許を受けた証券会社のみしか、有価証券の売買や、売買の仲介を行う事は出来ないとされていたが、規制緩和政策によって、証券業を営むには、金融庁長官への登録を行う事によって、証券業を営む事が可能となり、証券業へ新規参入する会社が多数登場した。



さらに、インターネットが急速に普及した事を背景として、インターネット上で有価証券の取引に対応する証券会社が多数登場し、インターネット上での有価証券取引にのみ対応したインターネット専業の証券会社も登場した。



インターネット専業の証券会社の提供するネット証券では、従来の証券会社のように、有価証券の売買の注文を受け付ける窓口を設置し、営業員を配置する必要が無い事から、コスト削減が容易である。

また、1999年に株式売買委託手数料の自由化によって、証券会社が独自に株式売買委託手数料を設定する事が可能となり、インターネット専業の証券会社では、営業コストを安く抑える事が可能である事から、ネット証券を利用して、有価証券の売買の注文を行う場合、株式売買委託手数料を安く抑える事が可能となる。



その結果、個人の投資家は、証券会社の窓口に赴かなくても、インターネットへの接続環境と、インターネット上での証券取引に対応した口座を開設する事で、いつ、どこでもネット証券を利用して、有価証券の取引が可能となった。つまり、ネット証券の登場によって有価証券の売買を行う敷居が下がり、手軽に有価証券の取引をインターネット上で行う事が可能となった。


このように、ネット証券には、インターネット上での有価証券の取引が可能である事や、株式売買委託手数料が安いというメリットを持っているため、有価証券の取引を行う場合に非常に有力な、有価証券の取引方法となり得る。