留学の目的と最近の実態

留学とは一般的に生まれ育った国以外の国で勉強や訓練を行うことです。
ではその目的は何かと言うと、自国では学べないものを学ぶ、身につけることがほとんどです。

最新の留学の情報探しををお手伝いします。

多くは、海外で得た知識や経験を基に自国のために働いたり自国民に利するようにしたりする面と、もしくはそれまで知らなかった価値観、ものの考え方、人々の生活スタイル、その土地の風習、自然に触れ自分を見つめなおすという自己啓発の面を持ちます。

Ameba Newsといえばこちらです。

発展途上国から先進国への留学がその数も分野も豊富であり、日本では明治維新後の近代化の時代に欧米に行った文化人が多く活躍したことから、留学というと欧米への留学というニュアンスが強く残っています。

最近では、グローバル化に伴い英語、中国語やその他の外国語を話す必要性に迫られ、語学習得、語学力の向上を目的に中国、フィリピンなどの東アジア、東南アジア地域へ研修に行くケースも多くなってきています。

また、日本に来る外国人の学生も増えてきています。

その多くは中国、韓国やその他のアジア諸国から来ており、日本で学んだことを自国に持って帰る目的ですが、日本で働くことを選択する学生もいます。



大学や民間の財団もこのような人の流れを支援する制度を有しており、奨学金や、自社の寮を留学生向けに一部使用してもらうなどの受け入れ体制が整えられています。

ただ、外国人の学生の占める割合は他の先進国諸国と比較すると日本は低いため、現在も様々な制度改革が行われ、より多くの学生を受け入れるような体制作りが進められています。